ドクターとナース

乳癌の治療方法について|女性の命を脅かす病気

女性特有の病気を治そう

レディ

乳癌は女性のがんの中でも発症しやすい病気の一つで、遺伝や女性ホルモンの影響により起こります。治療方法は薬物療法や放射線療法、外科療法が一般的に行われています。病状を医師がしっかりと判断して、患者の希望を考慮しながら最適な方法で進めていく事が大切です。

乳癌を見つけ治すために

看護師

検査と治療の種類

乳癌は、女性だけでなく男性も発症します。そして、予防することが難しい病気です。そんな乳癌の検査方法や、もしなってしまった場合の治療方法を知っておきましょう。乳癌の検査には三つあります。一つ目は問診と視触診です。これは安く済みますが、かなり進行したものしか発見できません。二つ目は、マンモグラフィ検診です。マンモグラフィ検診は、早期の石灰化した段階のものでも見つけることができますが、痛みがあることと乳腺も一緒に写り込んでしまうことが気になります。若い女性などには向いていません。三つ目は超音波検診で、これは痛みもなく乳腺も写らないので若い女性向けの検診です。しかし最早期のものを見つけることは出来ません。こうした検診は、乳腺のことを専門とする乳腺科や乳腺外科、乳腺外来で受けられます。次に、乳癌になってしまった時の治療方法です。治療方法にも三つあり、局所療法である放射線療法と手術、そして全身療法である薬物療法があります。手術の場合、乳癌の進行度によって受ける手術が変わります。軽度の場合は乳房を残したりすることもできますが、酷い場合は乳房ごと切り取ったり、筋肉まで癌が到達していたら大胸筋まで切り取ったりすることもあります。しかし、頼めば乳房や乳頭の再建は可能です。放射線療法は、主に再発防止のために行われる治療方法です。乳癌の場合、切除した後に放射線を当てると再発防止に役立ちます。薬物療法は、薬を使って癌細胞を死滅させる治療方法です。重い副作用に悩まされる場合もあるので医師と相談しましょう。また、薬物療法は乳癌細胞のみを狙い撃ちできるケースもあり、最近では高く評価されています。

女性特有の癌になったら

診断

乳癌の治療は手術が基本となり、放射線療法や薬物療法を組み合わせた標準治療が確立されています。手術には乳房を全部摘出する方法と部分的に切り取る方法があり、放射線療法や薬物療法は再発や転移を予防するために用いられます。

検診で早期にみつけよう

医者

乳癌は初期症状が少なく、定期健診やセルフチェックは、とても重要です。治療法は手術する方法と温存療法があり、最近は化学療法の進化で切除部分を小さくすることも可能です。進行の程度や部位で治療法は異なり、再発や転移の場合は、完治ではなく、進行を制御しながら癌と共存する方向を目指すことが多いです。