レディ

乳癌の治療方法について|女性の命を脅かす病気

  1. ホーム
  2. 女性特有の病気を治そう

女性特有の病気を治そう

レディ

どの様な人がなりやすいか

乳癌は女性がなりやすいがんのひとつで、テレビでも多く取り上げられているため大変注目されています。乳癌は遺伝によって起こるものが多く、母親や姉妹が乳癌の場合にはそれ以外の人に比べて2倍のリスクがあると言われています。また一般的に11歳以下で初潮が始まった人や、閉経する年齢が55歳以上である場合にも発症しやすいと言われています。出産の有無も関係しており、出産経験がない人や初産が30歳以上と遅めの人は乳癌になりやすいとみられています。これは女性ホルモンの中のエストロゲンの影響が関係しており、人生の中でエストロゲンの分泌が長い場合に乳癌のリスクが高まるのではないかと考えられているからです。出産に関しては妊娠期間や授乳をしている間はエストロゲンが分泌されないためだという事からこのように考えられます。現在日本で発生している乳癌の年齢は30代になると増加して、50歳がピークを迎えています。これは平均の値ですが20歳で発症する場合もあれば、50歳を過ぎ閉経した後でも十分に発症する可能性があります。乳癌の治療はいろいろな方法があります。全身的なに治療を行う薬物療法や病気の部分に対して治療を行う放射線療と手術を行う外科療法が一般的です。病気の範囲や重症度によって医者によって判断されます。愚物療法はホルモンを補充する治療方法や、抗がん剤を利用する方法などがあります。放射線療法はがんの部分に放射線を照射して、細胞を死滅させるという治療方法です。外科療法では乳房を全て切除する方法や、乳房を残しながら病気を切除する方法など様々なものがあります。医師の適切な判断と患者の希望をすり合わせて、治療の内容を選び会する事が大切です。