レディ

乳癌の治療方法について|女性の命を脅かす病気

  1. ホーム
  2. 検診で早期にみつけよう

検診で早期にみつけよう

医者

癌の克服のために

乳癌は女性特有の癌で、初期症状が少ないのが特徴です。そのため、定期健診はとても重要であるといえます。初期症状で多いのがしこりで、ある程度の大きさになると、セルフチェックでわかることもあるので、触診により自分自身で確認すると良いですね。少しでも気になる症状があれば、乳腺外科の受診をおすすめします。乳癌の治療法は進行の程度や部位などにより異なります。手術での切除か、乳房の温存療法か、選択を迫られる場面もあるかもしれません。従来は、再発を防ぐために全摘出が良いとされてきましたが、現在では化学療法などの進化により、切除部分を小さくすることも可能です。どちらを選ぶにせよ、医師との相談の上、自分自身が治療法を選択することになります。後悔のないよう、十分な説明を受けてから検討するのが良いでしょう。手術の他の治療法としては、放射線治療、ホルモン治療、化学治療などがあります。中でも、ホルモン療法は乳癌特有の治療法で、がん細胞がエストロゲンという女性ホルモンの影響で増殖するタイプであった場合には非常に有効です。抗癌剤などの化学治療は、正常な細胞まで壊してしまうリスクがあります。他の治療法が適当でない時には選択されることがあります。乳癌が再発・転移した場合は、完治ではなく、癌との長いつきあいを前提とした治療を行うことが多いです。癌の進行を制御しながら癌と共存し、生活の質を落とさないようにすることが主な目的になります。