レディ

乳癌の治療方法について|女性の命を脅かす病気

  1. ホーム
  2. 女性特有の癌になったら

女性特有の癌になったら

診断

手術が基本となる

乳癌の治療法の基本になるのは外科手術で、ほかに薬物療法や放射線療法などを組み合わせて治療します。乳癌の進行の度合いに応じて、最も適切な組み合わせ方が考案されており、これを標準治療と呼んでいます。長年にわたり研究されていて、生存率も向上しているため、乳癌と診断されても慌てずに治療を受けることが大切です。手術には乳房切除術と部分切除術があります。前者は乳房を全部切り取ってしまうため、再発の可能性は低くなりますが、心理的な抵抗は強いかもしれません。ただし乳癌が治ったら、乳房再建術を受けることもできます。部分切除術は一部だけを切り取る手術で、乳房を完全に温存できるわけではありませんが、見た目はそれほど変わりません。部分切除術の場合は、再発を防止するため術後に放射線治療を受ける必要があります。乳房切除術でも、検査の結果によっては再発防止のため放射線治療が必要になる場合があります。放射線療法は外部から放射線を浴びせて癌細胞を攻撃する治療法です。手術に比べて体への負担は小さいものの、癌細胞だけを完全に取り除くのは難しいので、再発予防や転移した癌を縮小させる目的で補助的に行われます。薬物療法は抗癌剤やホルモン剤などを投与して癌細胞の増殖を抑えます。進行した乳癌は薬物療法で縮小させてから手術で取り除くのが一般的です。再発・転移した癌には薬物療法が欠かせません。このほか末期の癌には緩和ケアが行われることもあります。